外腹斜筋は脇腹の筋肉、

側腹筋の最も外に位置してます。

腹直筋の左右にそれはあり、

その筋肉の走行は肋骨の外側から腹直筋に向かってV字に走っています。
この筋肉はカラダの横だけでなく後ろにまで存在するのですが、そちら側は背中の筋肉(広背筋)でおおわれています。

外腹斜筋

腹圧を高め、排便・排尿・おう吐・くしゃみ・咳・分娩などを補助します。

おなかの引き締めや姿勢維持などにもバッチリ貢献しています。

 

スポンサードリンク

主な働き

背骨を前に横にそしてねじります。胸郭という胸部の骨を引き下げる働きもします。

外側のを意味するexternalと、
ラテン語obliquus斜めの、傾いたを起源とした英語oblique斜めの 、傾斜した
をあわせて
External obliqueと呼ばれます。

 

カラダをねじるときの外腹斜筋の働き

ここでカラダをねじるときの外腹斜筋についてもう少しみていきます。

左右にある外腹斜筋は

腰のねじりにおいては別々に働きます。

つまり

右にねじるとき左側の外腹斜筋が

左にねじるとき右側の外腹斜筋が

といったように働きます。

たとえば、
両手を頭の後ろに組んで上体おこしをするとき(シットアップ)、

左肘が右側の膝にタッチするようにすると(オブリークシットアップ)、

左側の外腹斜筋が働き、腰を右にねじります。

以下の写真は腹筋種目ワンアーム&ワンレッグですが、

同様に、

左にねじっているので右側の外腹斜筋が働いています。

 

ワンアーム&ワンレッグ

ちなみに背骨を前に動かすときは、
外腹斜筋は
右側も左側も同時に働きます。

外腹斜筋のストレッチ

外腹斜筋をストレッチするときには大きく側屈をするか、のばしたい側へ大きくねじるとよいでしょう。

ねじり