ふくちょくきん

携帯の予測変換ではバッチリ「腹直筋」と表示してくれてます。
俺の心を刺激する!abdominal!!

腹筋といって一番に出てくるのがここ、腹直筋ではないでしょうか。

俗にフッキン

と言われている筋肉です。

腹直筋。
トレーニングの前に
まずは構造をチェックしていきます。

腹直筋

スポンサードリンク

腹直筋の役割

腹直筋は、

rectus abdominis

rectus真っ直ぐ、直線のを意味します。

abdominisは「腸、内蔵abdomen」の属語腹部を意味します。

日常生活では背中を曲げるときに働いています。
肋骨(ろっこつ)をおさえる働きもあります。

お腹は腹腔といって空洞となっており、
そこに圧をかけることが可能であり、それを腹圧(ふくあつ)といいます。

腹直筋は腹圧を高め、排便、分娩や咳などの補助にもなるのです。

※ちなみに腹圧のかけ具合、空気の入り具合によって腹筋のみえ方は大きく変わります。

そして、

腹直筋は

立ち上がり動作やほとんどのスポーツ動作で働きます。

立つ。

歩く。

走る。

投げる。

蹴る。

スイング。

鍛える。

バランス。

腹筋とバランス

 

腹直筋の構造

ちなみに腹直筋は

どこからどこまでをいうのかというと、

それは骨で考えるといいです。

筋肉はある骨にくっついていて、そこから終点になる骨にくっついているのです。

通称
筋肉の始まりを
起止
終着点を
停止
といいます。

たいてい始まりは中心部分の方を起止
、末端部分を停止となっているものが多いです。

腹直筋は
恥骨の恥骨稜、恥骨結合前面から  (難しいですよね。いわゆる股間、急所あたりです)、
肋骨の5番目~7番目、剣状突起、肋剣靭帯に向かって付いています  (剣状突起は胸のど真ん中の骨、一番下部分が、剣のように尖っているのですが、そこの部分をいいます)。

逆の(肋骨側を起始、恥骨側を停止という)説もあります。これについてはまた書きます。

 

腹直筋は真ん中を縦に走る白線という太いスジで左右2つの部分に分けられ、

さらに腱画という横のスジでいくつかに区画されます。

とことん鍛えると、または、脂肪を減らしていくと、

腹直筋が6つだか、8つだか割れて見えるのは

もともとこういう事情によるものです。

 

フッキンといえば、一番に想像するであろう筋肉、腹直筋。

みればみるほど、知れば知るほど、俺の心を刺激する!