こんにちは。TARZANフッキン王子カツオです。

今回は細めのための腹筋改造ということで、ガリガリの人が腹筋を割ることについてみていきたいと思います。

ガリガリ=6パック?

ガリガリの方が腹筋を割ることに関しては、比較的簡単といえるかもしれません。

腹筋を割るとは、一般的には、6パックや8パックがはっきり、くっきり、みえた状態といえます。

ガリガリの方の中には、何もしていないけど、割れているという方も中にはいらっしゃることでしょう。

腹筋はもともと、体の構造上、誰もが割れているため、体脂肪が少なくなってくれば、誰でも6パックになれると言われています。

SNSなどで6パックや腹筋すごい細マッチョとあげられた写真について、「ただ細いだけ」などのバッシングがあったりするのもこういうことによるためかもしれません。

6パックや8パックをあらわす腹筋は腹直筋という部分です。

腹筋といえば、この部分をイメージする方も多いと思います。

腹直筋

腹直筋には背中を曲げる作用や肋骨を抑える作用があります。

腹直筋は真ん中を縦に走る白線という太いスジで左右2つの部分に分けられ、

さらに腱画という横のスジでいくつかに区画されます。

体脂肪が低くなってくると、腹直筋が6つだか、8つだか割れて見えるのはもともとこういう事情によるものなのです。

ちなみに、この腱画という横のスジの数によって、6パック、8パックは決まっており、それは、遺伝によるといわれています。

 

ただ、ガリガリの方でも、腹筋が割れていない、6パック、8パックではない方もいます。これはどういうことなのでしょうか。

 

脂肪が多いと、腹筋の6パックや8パックはみえないものですが、

脂肪が少なくても、腹筋の6パック、8パックが、うっすらとしか、みえていないというのは、腹直筋の筋肉の量が少ないことによるでしょう。

やせていても、6パック、8パックをはっきりとさせるには、やはり腹直筋のトレーニングが大事なのです。

細くても腹筋の6パックがしっかりみえているとガリガリには見えにくいらしいですよ。

さらに、細め対策には腹直筋に加えて、外腹斜筋もバッチリ刺激していかないとです。

スポンサードリンク

細いのに、腹筋(腹直筋)が割れてみえない場合は、腹筋においても筋肉量が足りていないので、ぜひトレーニングで腹筋の筋肉の量を増やしていきたいものです。

腹筋の筋肉がついてくれれば、もともと脂肪の量が少ないので、6パックはすぐにはっきりと顔を出してくれることでしょう。

脇腹についても言えることで、ただ皮膚から肋骨が浮き出てみえているようではガリガリに見えてしまうので、その上に外腹斜筋という脇腹の筋肉の量を増やしていきましょう。

具体的な種目としては、腹直筋を鍛える代表的な種目、シットアップでもいいでしょう。難しい種目をあえて、やる必要もありません。

クランチ

ただ、どの種目においても、腹筋の筋肉量を増やすため、負荷を大きくしてあげるといいと思います。たとえば、さきほど、あげたシットアップなら、ダンベルなど、重りをもった状態で行うなどがおすすめです。

外腹斜筋に関しては、外腹斜筋

体をねじることで外腹斜筋は刺激されますが、

ねじるという動作において、大きな負荷をかけることはなかなか難しいです。

そこで前鋸筋と合わせたトレーニングを行うといいでしょう。

前鋸筋

前鋸筋は、肩甲骨を前方へ動かす代表的な筋肉ですが、この筋肉は、外腹斜筋と結合組織を介して、同じ走行でつながっているのです。

つまり、肩甲骨を前方に押し出す動作に強い負荷をかけることで、外腹斜筋を刺激することができます。

あとは呼吸も忘れずに。

呼吸において、息を吐くときに、腹筋が使われます。

腹筋の筋トレ動作に、息を吐くを合わせて、腹筋をフルに活動させてあげてくださいね。