こんにちは。ターザン腹筋王子、カツオ腹筋プロジェクトです。

DSC_0049~2

以前ブリッジの運動効果について述べましたが、

研究では、リングなどの運動器具を膝に挟み、内転筋や、骨盤底筋群を刺激した状態でブリッジ運動をした方が、通常のブリッジ運動に比べて、効果が高くなるというのをみてきました。ブリッジ運動に関わっているフッキンも例外ではなく、腹直筋や内腹斜筋の活動も増すとのことです。

ただ、ブリッジ運動において、股関節や膝角度を変えることによって、活動量の差は出るのかを調べた研究では、フッキンの活動量に差はなかったとのことです( ここで調べられたフッキンは腹直筋と、外腹斜筋ですが )。

スポンサードリンク

ブリッジエクササイズは主に、内ももやお尻、そして首まわりの筋肉を刺激するといわれています。

角度を変えることによって、活動量の違いが見られたのはこれら内もも、お尻、首まわりの筋肉でした。

ブリッジ運動は、カラダの安定性のトレーニングに用いられ、腰痛対策によいといわれています。

ブリッジ

加えて、ブリッジ運動は奥の筋肉と、表の筋肉の連動性を高め、
カラダの機能的な動きでも重要な関係を持つことから、リハビリのトレーニングにも取り入れられたりします。

研究では、首や腰への負担を避けたい患者さんへのエクササイズには膝角度や股関節角度を調整することで、負担を軽減できるというのが述べられていました。

肝心のフッキンは??

ブリッジ運動そのもので、フッキン自体は活動していたのですが、それ以上活動量が増すということはなかった、、

つまりリングを挟むなどのブリッジ運動ではない、通常のブリッジ運動において、脚の角度を変えるなどではフッキンの活動量は増さないということになります。

ブリッジ運動は確かに、フッキンにも効いてくれるが、違う種目からのアプローチがいいかもしれませんね。

参考文献:effects of Knee Joint and Hip Abduction
Angles on the Activation of Cervical and
Abdominal Muscles during Bridging Exercises
Su-Kyoung Lee, PT, PhD1), Du-Jin Park, PT, MS2)*
1) Department of Physical Therapy, Gimhae College
2) Department of Physical Therapy, Graduate School of Catholic University of Pusan: 9 Bugok 3-dong,
Geumjung-gu, Busan 609-757, Republic of Korea. TEL: +82 55-320-1735, FAX: +82 55-336-6222