こんにちは!
KATSUO腹筋プロジェクトです。

カツオ腹筋プロジェクトです

腹筋種目は実にさまざま。

どれが一番いいとかはないと思いますが、おススメは結構あったりします。

TARZANフッキン王子としてはTARZAN(マガジンハウス社)に載っている腹筋はオススメしますよ。
だれにでもわかりやすいように書いてありますし。
クランチやシットアップから、ドラゴンフラッグまでテーマによっては幅広く網羅されていたりします。

スポンサードリンク

腹直筋の筋トレについて

腹直筋は6パックをなす部分。

腹筋腹筋と聞いて一般的に一番に想像しやすい部分だと思います。

フッキンの見た目の大半を決める部分なので、ほとんどの方が気になるところではないでしょうか。

その腹直筋に筋肉の活動量を調べることができる筋電図をつけて、
腹筋運動の種類や体の角度によっておこる、フッキン活動の違いを調べた研究※1)がありますので、

そこから、より効果的な種目というのをみていきたいと思います。

Vシットアップ(V字腹筋)の効果はやはり大きかった

・股関節の角度(60度、90度)を変えた腹筋

・両足にボールを挟んだ腹筋(股関節角度60度)

・Vシットアップ(V字腹筋)

これらのなかでは、

一番活動が大きかったのがVシットアップでした。

僕も大好きです、Vシットアップ。

DSC_0067~2

他の種目に関しては特に活動に差はなかったとのことです。
股関節の角度(研究では60度と90度)による骨盤への影響で、腹直筋が引っ張られ、それによって筋活動が大きくなるわけではなく、
股関節の角度を変えても筋肉の活動に差は少ない
これも興味深いです。

腹直筋下部の筋トレにもVシットアップ

腹筋の筋トレをしていくうえで、気になってくるのが腹直筋の下部の種目。

腹直筋の下部は、なかなか意識しにくい部分で、アプローチが難しいという方も多いと思います。

実は腹直筋下部へアプローチする上でもVシットアップはオススメであったりします。

研究において、V字腹筋では、腹直筋の下の部分でも筋肉の活動が高くみられました。
これは、脚を上げることで、ほかの種目とちがい、骨盤を固定しようとする作用がおこり、腹直筋下部の筋肉の活動が高まったためだと考えられます。
フッキンのトレーニングではあらゆるカラダの工夫で刺激は強くもなり、また弱くできるのもわかりました。

 

クライアントさんの腹筋トレーニングを担当するとき、その方の状態に合わせて種目、負荷を変えますが、
これらのことは非常に参考になります。

実際、自身のカラダで試して、何が刺激できるか、感覚的にわかってはいても、こうやって研究や文章によってあらわされていると、
あらためて、フィードバックできたり、新しい発見ができたりするので、かなりのフッキン躍動ものです。。

これからもこういった興味深い文献を読みあさって腹筋プロジェクトTV視聴者にお知らせできればと思います。

参考文献
1)腹筋運動の違いによる腹直筋の筋活動
水島健太郎,梶家慎吾,佐々木麻巳子,長谷裕美,佐藤伸明,山坂裕樹,細見幾代,木澤清行 鐘紡記念病院リハビリテーション科