こんにちは。カツオ腹筋プロジェクト、ターザン腹筋王子です。

唐突ですが、

腹横筋は他のフッキンとは独立して先に活動を起こします。

俺の心を刺激する!

腹横筋は腹筋群の一番奥にある

お腹の輪切り図

下腹部引き込み動作(ドローイン)はそんな腹横筋の活動を高めることができ、さらに腹横筋の活動を高めた状態、つまり、ドローインをした状態で、腹筋をすると内腹斜筋や腹直筋の活動がより高まりフッキントレーニングにオススメであることはパート1(ドローインは効果がないのか?)で述べました。

腹直筋下部などのフッキントレーニングでは、下腹部引き込み動作をしたときとそうではないときとでは腹筋の活動量に差が出ることから、ドローインをしないともったいないのです(外腹斜筋に関してはこの限りではありません)。

スポンサードリンク

そんなドローインですが、

ドローイン時に活動する腹横筋自体の活動量に、動作の違いによって、差が出るのか、例えば、脚の角度45度か60度でのドローインでは、腹横筋の活動量に違いが出るのか、といったようにトレーニング動作と腹横筋の活動量の関係についても気になるところです!

これを知っていると、トレーニングの幅もさらにひろがるかと思います。

脚の位置をそれぞれ変えた際のフッキン奥の腹横筋の厚みを計測した研究がありますが、

研究では、安静時以外の脚の位置それぞれの条件での比較では腹横筋の活動量に差はみられなかったとのことです。

つまり、

どの位置※でも下腹部引き込み動作時(ドローイン)の腹横筋の活動に違いはみられなかったのです。
俺の心を刺激する。

※両脚膝角度45度と60度、片脚膝股関節角度90度、脚を伸ばした状態で左脚を床から10cm浮かせた状態という、4つの状況の中での比較においてです。

基本的に、腹横筋を刺激することを目的としたエクササイズではあえて難しい種目を行う必要はなく、より集中してアプローチできる種目を選んだ方がいいようです。

 

 

ドローインに関して書いてきましたが、僕自身、いろいろ確認ができてよかったです。

はじめて、ドローインという言葉を知った何年も前、正直、???だったことを今でも覚えてます。スポーツクラブのプログラムなどでよくみられながら、なぜこれを行うのか、詳しくは解説されておらず、何をするにもこれをやればバッチリというような一種の流行りのようなシーンもみられて、ドローインということばを使うのを敬遠さえしていました。

フッキンに出会い、位置だけではない腹横筋の、奥の深さを知り、ドローインという下腹部引き込み動作も以前よりは理解できてきました。それと同時にフッキンに対する愛着もますます湧いてきた気がします。

まだまだドローインについても、腹横筋についても書きたいことはたくさんあります。このワクワク感たまりません。上述したことについて例外もあったりするので!

ですが、今回はこの辺で!

506 日本臨床スポーツ医学会誌:Vol. 22 No. 3, 2014.
原 著 下腹部引き込み動作時の下肢の
位置による腹部深層筋の筋厚
Abdominal muscle thickness during abdominal hollowing
in various supine positions
永井秀幸,赤坂清和,乙戸崇寛
澤田 豊,大久保雄,陶山哲夫