腹筋と一口に言っても、腹直筋、側腹筋(外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋)があります。

それぞれの筋肉は、その筋肉がどこからどこへ付いているか(起始、停止)の違いにより、役割が異なります。

体幹の前屈、側屈、回旋などの動きを作り出したり、コルセットのようにお腹の圧を高めて、体幹を固定する働きを可能にさせます。

お腹の輪切り図

以下、腹直筋、側腹筋それぞれの起始停止をまとめておきたいと思います。

スポンサードリンク

腹直筋(ふくちょくきん)

いわゆる「腹筋」のことです。

腱画(けんかく)と呼ばれる3~4つの中間腱(ちゅうかんけん)によって、上下4~5段に区切られます。

剣状突起(けんじょうとっき)から恥骨(ちこつ)にかけて白線(はくせん)が垂直に走っていますが、これは側腹筋(そくふくきん)の筋膜線維(きんまくせんい)が集まって形成されたものです。

恥骨結合(ちこつけつごう)と恥骨結節(ちこつけっせつ)との間から始まり、

第5、第6、第7肋骨(ろっこつ)にある肋軟骨(ろくなんこつ)・剣状突起(けんじょうとっき)の前面に停止しています。

腹直筋

外腹斜筋(がいふくしゃきん)

側腹筋(そくふくきん)のなかで、もっとも表層にあります。

第5~12肋骨(ろっこつ)の外面(がいめん)から起こり、停止部は腸骨稜(ちょうこつりょう)、鼠径靭帯(そけいじんたい)、そして広い筋膜となり、腹直筋(ふくちょくきん)を覆う腹直筋鞘(ふくちょくきんしょう)を形成しています。

外腹斜筋

内腹斜筋(ないふくしゃきん)

外腹斜筋(がいふくしゃきん)の下にある筋肉です。

腸骨稜(ちょうこつりょう)、鼠径靭帯(そけいじんたい)から起こり、筋線維は外腹斜筋(がいふくしゃきん)と交差するように、扇状に広がっています。停止部は腹直筋鞘(ふくちょくきんしょう)、第10~12肋骨(ろっこつ)の下縁(かえん)です。

外腹斜筋(がいふくしゃきん)や腹横筋(ふくおうきん)とともに、内臓を収める腹腔(ふくくう)の壁(腹壁)を形成しています。

内腹斜筋

 

腹横筋(ふくおうきん)

内腹斜筋(ないふくしゃきん)の下にあり、側腹筋(そくふくきん)の中ではもっとも奥に位置する筋肉です。

第6~第12肋軟骨(ろくなんこつ)の内面、腸骨稜(ちょうこつりょう)、鼠径靭帯(そけいじんたい)から起こり、腹直筋鞘(ふくちょくきんしょう)に停止しています

腹横筋は腹筋群の一番奥にある

 

 

錐体筋(すいたいきん)

腹直筋(ふくちょくきん)の奥には、錐体筋(すいたいきん)という筋肉があります(ない方もいるそうです)。腹直筋鞘正中の白線を緊張させる働きがあります。

恥骨(ちこつ)の上縁から始まり、白線に停止しています。

以上、腹部の起始停止まとめでした。

骨盤 起始停止参考