こんにちは。カツオ腹筋プロジェクトです。

 

今回は直接腹筋のことではなく、フッキンに関わりのある筋肉について書いていきます。

 

筋肉で好きなのはどこ?

と聞かれれば(聞かれることなんてあまりないと思うけど。。。)、

 

間違いなく腹筋!、そして、前鋸筋とも答えると思います。

かっこいいな、と思うカラダを持つ人は(主観ですが、、、)たいていここも発達しています。

ここがバッチリだと、腹筋も引き立つし、ボディメイクのための、キーの一つではないかと思っています。

スポンサードリンク

この筋肉はたくさんの筋頭(筋肉の両端で運動の少ない方。ちなみに、運動の多い方は筋尾。)に分かれ、

胸郭(一二個の胸椎と一二対の肋骨,一個の胸骨からなる。)の外側にノコギリの歯のような

ギザギザした外観を持ちます。

前鋸筋

上9つの肋骨の上縁というところからこの筋肉は始まり、肩甲骨の内側縁というところに止まります。

 

機能としては、

前鋸筋が縮まると、肩甲骨が前方に引き出されます

逆に前鋸筋がリラックスすると、肩甲骨は背部中心に引き寄せられて、胸が開きます

 

他のコラムでも書きましたが、フッキンのうち、外腹斜筋との関連が強く、外腹斜筋が弱いと前鋸筋にも影響が出て、その影響は肩関節まで起こります。

 

ちなみにおなかの奥にある腹横筋の活動量が増すと、肩関節への外腹斜筋の関与が減り、前鋸筋の活動も少なくなります。

パワーの源はフッキンにあると感じさせてくれます。

腹横筋 触診

前鋸筋は部分によっては目でみることができるのですが、

体育大学時代に、この筋肉に関して印象に残っているのは、

体操競技部員の異常に発達したこの前鋸筋の隆起でした。

すごいと思う。

 

もともと跳んだり跳ねたりが好きだったので、その練習のため、体操競技の練習場におじゃまさせてもらっていたことがありましたが、その時に、部員さんにいろいろ技についてや、体の動かし方などについて質問したりすると、

「肩甲骨が…」とか「肩甲骨をどうのこうの…」など、動きの特性上、肩甲骨のワード登場率が高かった気がする。

 

さきほど記載した機能の通り、前鋸筋は肩甲骨の動きに関わっているので、

そこを(というか全身ですが、)酷使する彼らの前鋸筋が発達するのは当然といえば、当然なのかもしれません。

 

自身の体重だけであそこまで体を発達させるのは相当すごいと思う。

実際彼らの練習量は半端なかった。

 

彼らの様子をみて、自重トレーニングによる、ボディメイクのためのヒントをたくさんもらえたと思います。