こんにちは。

カツオ腹筋プロジェクトです。

腹筋が割れている体をつくるには、食事、運動で体脂肪を減らしていきます。

どんな筋トレがよいのでしょう。どういう食事をするのがよいのでしょう。

よく聞かれますが、これについては他のコラムでも書いていきます。

まずは腹筋を割りに行く前に腹筋の筋トレポイントを押さえておきましょう。

スポンサードリンク

おなかはとても魅力的

お腹は主な筋肉で分けると

いわゆる腹筋といわれる腹直筋

腹直筋の両側にある外腹斜筋

外腹斜筋の下にある内腹斜筋

腹斜筋のしたにある腹横筋

これらの筋肉で構成されています。

 

腹筋は

直立した姿勢では、骨盤を体に対して安定させ、

また、歩いたり、走ったりするときにも体が揺れすぎないようにします。

腹筋は強力な支えるための筋肉となります。

 

ほとんどのひとは、

脂肪が少なく、筋肉がくっきりみえることを望むことでしょう。

 

実際にウエストをスリムにするのは

コルセットのような働きをする腹横筋、

腹部の見た目をより美しくするためには

腹直筋だけでなく、内腹斜筋、外腹斜筋、

これらの筋肉を刺激することが大事です。

 

美しい腹筋を手に入れるためには、エクササイズは不可欠です。

 

ただ、やみくもに反動や腰を反るなどを使ったフッキンのエクササイズをしてしまうことは、

効果がないばかりではなく、脊柱を痛める要因となりうるからよろしくないです。

 

腹筋の筋トレをする上でのポイント

フッキンエクササイズと一見フッキンエクササイズのような動作とを見分ける方法は、

臍にあります。

もう少し詳しくみていきましょう。

 

腹直筋がちぢむと、背中は丸くなります。

これに対して、背中が反ってしまうと、腹筋を効果的には使ってないということになってしまいます。

 

腰部分のカーブをコントロールする筋肉は

大腰筋、腸骨筋、大腿直筋といった脚や腰の奥にある筋肉です。

少しでも腰の部分が床から離れるなど、反ってしまったら、腹筋を主にではなく、

これらの筋肉を使っている可能性が高いので注意したいです。

 

腹直筋が働くと背中は丸くなるので、

ひとつの目安としておへそをぐっと床や壁に押し付け続けてフッキンエクササイズをできているかをみてみるとよいです。

クランチ

おへそをグッと押し続けて筋トレしましょう

どこでもドラゴンフラッグ

反りすぎは腹筋の筋トレには向いてない