横隔膜!フッキンと呼吸
呼吸が関わるそれはフッキン!

俺の心を刺激する!

ってことで。

フッキンはとても呼吸と密接に関わっています。

腹筋トレーニングをするしても効果的なトレーニングを目指すのであれば、呼吸はかなりの鍵となります。

呼吸には肋骨にある筋肉なども関わっていますが、
お腹で呼吸といえば、

横隔膜

安静時の呼吸と運動時などの呼吸で、また、腹式呼吸と胸式呼吸で、

筋肉の働き方も変わってきますが

ここでは横隔膜を中心にみていきたいと思います。

それでは
さっそく、いきましょう!

スポンサードリンク

横隔膜は呼吸の筋肉。

息を吸うとき働きます。

ギリシャ語で隔壁(かくへき)を意味しますdiaphragm

筋肉の膜で頭がわを頂点とするドーム型をした筋肉で、ドームの周囲は胸部分(胸壁)に固定されています

横隔膜と腹筋

横隔膜

横隔膜はお腹の圧を高めることによって排尿、排便の補助にもなります。また、咳、おう吐、笑うときなどにも働きます。

安静時、腹式呼吸でみていきます。

息を吸うとき
横隔膜は働きますが、

そのとき下の方の肋骨が固定されて、この横隔膜はお腹の下側へ下がっていきます(ドームのかたちをした頂点部分が下がり、平らになります)。

そして胸のなかの圧が少なくなることによって息を吸えるわけです
腹式呼吸の仕組みはこれ。
ちなみに横隔膜は腹式呼吸の60%を担うそうです。

※胸式呼吸は肋骨の動きを主体とする呼吸法で、横隔膜の関与はないといわれています。

息を吐くときは横隔膜は緩んでいき、肺自らの縮む力によって縮み、息を吐きます。

※このように安静時呼吸では息を吐く時に働く筋肉はないのです。
 

運動時の横隔膜と腹筋

運動時など 大きい呼吸での呼吸運動では、肋骨の筋肉と横隔膜がよく働きながら、その他、複数の筋肉(胸まわりの筋肉など)が働いて呼吸を手助けします。

息を吐く時、補助として働く筋肉には腹筋(プラス肋骨の筋肉)があります。なかでも腹筋の働きは非常に重要です。 

俺の心を刺激する!

腹式呼吸においてさらに深呼吸をすると

上記の腹式呼吸にさらに深呼吸をしてみる、

そのとき働く筋肉は、

吸うときで働く横隔膜と、

安静時呼吸と違い
吐くとき働く筋肉が登場、それが腹筋です。

なので腹筋運動は身体を起こすときに深く吐きながら行うとよいわけですね。

息を吸うときは横隔膜が強く縮んで胸部分を縦方向 に大きく拡げます。そのとき、腹圧が上昇しますのでお腹が膨らみます。
吐く時には横隔膜は緩んで、腹筋が縮んでお腹をへこませ、腹圧を上げて横隔膜を強く押し上げ、息を吐くことを助けます。

このような作用で、お腹を膨らます、へこます、どちらの場合でも

腹圧は高まるのです。

いかがでしたか。呼吸様式で働く筋肉も違ってきますが、
間違いなくフッキンも関わっています。

そして腹筋トレーニングを行うときは呼吸も意識しないと、もったいない気がしますね。

カツオオリジナル
「6パックプログラム初級」
という某スポーツクラブのショートプログラムを担当したとき毎回満員だった内容でも呼吸は鍵となっています。
いずれ全部出していきます。